電磁波は赤ちゃんの脳に影響を与えるのか?携帯は?

02.202015

この記事は2分で読めます

無害という証拠はない!!!

 

電磁波が身体に悪影響を及ぼすとする研究結果が、

WHOなど世界中から出てきています。

 

しかし、電磁波の身体へ及ぼす影響の、

完全なメカニズムは解明されていません。

 

cd582610d8d0f9de4d939b933872eb77_m

しかし解明されていないからと言って、

安易に赤ちゃんが電磁波を浴びる環境に置くのは、

お勧めできません。

 

電磁波は危険なものと

認識して対応するほうが、

賢明だと思います。

http://xn--h9jjy8en0hp57zxdyf.com/category9/denjihaakachan.html

 

携帯電話で脳腫瘍???

電磁波が有害である!という

科学的証拠はありません。

 

しかし、無害である!!

という証拠もありません。

 

事実は携帯電話から

電磁波は出ているということです。

3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_m

 

世界中で研究されていますが

真偽は不明です。

 

脳に影響があると答える方もいれば

影響はないという方もいます。

 

イヤホンマイク

以前、都内の外国人が

携帯を手に持って、

耳にはあてずに

独り言のようにブツブツと

何か言っているのです。

 

当時は不思議に思いましたが、

電磁波のことを調べるうちに

謎が解けました。

 

あの時の外国人は

通話をしていたんだ〜!

(あたりまえですね)

 

スウェーデンやドイツでは

携帯電話の使用に関して

注意勧告が始まったようです。

 

イヤホンマイクを使う

身体から離して通話する

 

しかし、

日本では

相関関係は無いと

判断されてますね。

(真偽は不明)

 

どこから電磁波は出てるの?

外部からの電磁波
住環境においては、

高圧送電線や変電所からの電磁波の影響は大きく、

高圧送電線の近くにお住まいの方は、注意が必要です。

 

家庭内での電磁波
家庭内は電磁波に囲まれていると言ってよいでしょう。

 

特に電磁波が強い製品
・電磁調理器(IHクッキングヒーター)
・電子レンジ
・ミキサー
・電気ストーブ
・オーディオ類
・乾燥機、洗濯機
・ホットプレート
エアコン

 

以下の製品は、

電磁波が強いというよりも

長時間の使用で電磁波を浴び続けるため、

家庭内では最も危険な製品と認識するべきです。
電気毛布
・電気敷き毛布
・電気カーペット
・電気こたつ
・パソコン

8e0db9690b4151a5dfbe4658f929cdba_m

 

注意が必要な製品
電磁波は特に、頭部への影響に注意が必要です。
頭部付近で使用する製品には特に気をつけるべきです。
携帯電話
・ドライヤー
・電気シェーバー(100V電源使用のタイプ)
・電動歯ブラシ(100V電源使用のタイプ)
・ビデオカメラ(100V電源使用のタイプ)
 

↓ 電磁波による人体への影響 ↓

http://www.e-smog.jp/electromagnetic/infuluence.html

 

まとめと対策

 

電磁波の影響に関しては

はっきりクロと決まっているもの

ではありませんが、グレーです。

 

国や政府からの勧告がない現状ですが、

自己防衛するにこしたことはありません。

 

特に、子供(乳幼児・胎児)に関しては

一考の価値はあると思います。

 

お子様に携帯電話をもたせている親御さんは

お子様になるべくイヤホンマイクを使って

通話をするように促すなり、市販の電磁波防止

のシールを貼るなり対応したほうが無難かと

思います。

 

ea92d2674ee0e309809a9e1ff744823e_m

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら