ケッシュ財団はフリーエネルギーを実用化できるのか?

01.242015

この記事は3分で読めます

ケッシュ財団とは

過去30年に亘り核研究に取り組んできた
M.T. Keshe(英語版)によって創立された
特定の宗教に影響されない非営利組織である。

現在主に取り組んでいるテーマ

 

地球温暖化とCO2、エネルギー枯渇問題、水と食料問題である。

62b0580d333bc41474d773199b1c9cf9_m

 

M.T. Keshe

ケッシュ財団創設者

Mehran Tavakoli KESHE

 

 

1958年イランにて生をうける。

ベルギー・ブリュッセル在住。

父親はX線技師をしている。

 

 

彼は非常に若い年齢で放射線と原子力科学の世界に導入した。
1981年には原子炉技術システム制御に特化した原子力エンジニアとして、
クイーン·メアリー·カレッジ、ロンドン大学を卒業。

 

 

彼はその後、
清潔で安全である放射性水素を燃料とする
原子炉を使用して重力とエネルギーの生産のための

システムを完成以来、年を費やしてきた。

 

 

彼の父はX線技術者であり、
若い頃から放射線や核についての情報を世界中に広めたという。
父が70歳代と思われ、核物理に関するより高度な教育を求め、ヨーロッパに移住した。

 

M.T. Keshe氏は1981年にロンドンのクイーン・メアリー大学を卒業。
その後、核反応システム制御(コントロール)に特化した核研究に取り組んで約30年になる。
過去にはクリーンで安全な水素エネルギー技術開発も行った。

 

プラズマ反応器

 

2005年末から2006年始めにかけてプラズマ反応器を開発。
環境汚染の元とされる二酸化炭素やメタンガスを
室温・通常の気圧下で液体中に集めて除去することが可能であり、
ベルギー大学の調査でも証明されている。

c9f893b026b2ada4f5d9ac3ed8373fbd_m

フリーエネルギー

 

ケッシュ財団の所有する技術は
フリーエネルギー技術とも呼ばれ、
現在の地球科学では一般化されていない技術であり、
また、革命的な技術である。
なぜなら、

 

この技術が仮に一般化された場合、
現在地球上で動いている

システムが根本的に

変わってしまうのである。

05b25be55b15675280c356d8e146bee5_s

日本国はフリーエネルギーを使えるのか!?

日本政府はケッシュ財団よりフリーエネルギーの情報をもらっていたのです。

 

日本 スペースシップ プログラムを新たに受け取った国
2012年11月2日、天皇皇室の国、日本がケッシュ財団より
スペースシッププログラム(SSP)USBスティックを
受け取ったことを光栄に思いここに発表します。
スペースシップ プログラムを日本大使に
2012年11月2日午後1時半に贈り物として手渡しました。
この日より日本の国は重力宇宙テクノロジーを用いて
福島の空気中とその周辺に広がった核放射能を収容し、
福島の放射能漏れをきれいにし自国の人々を助けることが出来るのです。
このテクノロジーの提供により、
日本の政府は自国による新しいエネルギーの供給システムの開発が出来るのです。
それは、わずか数年の内にエネルギー自給自足ができ、
輸入に頼る必要がなくなるということです。
すべての国に渡される
スペースシップ プログラムUSBスティック
の内容はまったく同一のもので、
同じマスターファイルからのコピーです。
ですからどの国も、
ケッシュ財団から同じ
スペースリアクターテクノロジーの特許と設計図を受け取ります。
日本の国がUSBスティックを受け取ったことを祝福します。
日本政府には、この技術の実用化を果たし、
国が現在抱えている核の問題を出来るだけ早く解決するために
完全な技術的支援をすることを申し出ています。
日本政府への技術提供は、
勤勉な国民性をもつ日本へのケッシュ財団からの無償の贈り物です。
私達は日本がスペースシップ プログラムの一員になることを歓迎します。
M T Keshe

ea4829c10754326b483f1de6ccb190ec_m

まとめ

 

フリーエネルギーやケッシュ財団を
少しだけ知ってもらう事が
できたでしょうか?

 

しかし、まだまだ憶測の域を出ないです。

 

①フリーエネルギー装置はおそらくあると思われる
(図面は出ているみたいですが、実物がでてきませんね)

 

②情報の拡散や機器の値段からみて非営利とは言えないのでは?
(本当に困っている人たちへ渡す気があるのかなと思います)

 

③日本の政府は放射線除去、エネルギーの自給自足をする気はない。
(利権がらみで操られてますからね・・・)

 

早くフリーエネルギーを用いて

綺麗な福島

綺麗な日本

綺麗な地球

にしたいですね(^^)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

107512

関連記事

コメント

    • 松本洋明
    • 2015.10.23

    今日は、非常に興味のある記事にたどり着きました。ですが、もう3年経ちますね。日本政府は何をしているのでしょうか。それとその他の外国でプログラムをもらった国も未だに何もしていないようですね。それにしびれを切らしたのかもしれませんが、ケッシュ財団がフリーエネルギーの機械を販売開始しましたね。ご存知だと思いますが。わずか
    4万円の金額と寄付金で8万くらいですから、驚きなんていうものではないとおもいます。
    Home   http://www.keshe-supportersnetworkjapan.com/keshe-1/magrav-powersystems.html

      • yasuda
      • 2015.11.03

      松本様
      ケッシュ財団楽しみな情報が続いていますね。
      日本政府及び経済界はひたすらブロックすることが予測されます。
      セブンシスターズの軍門に下っていますからね。
      購入できる日を待ち望んでいます。

    • 松本洋明
    • 2015.10.31

    このページを見て、ケッシュ財団調べました。10月31日、フリーエネルギーの発電機できています。びっくりするくらい安いです。が購入しようと思ってもそのページがありません。それと英語かドイツ語か読めないのでよくわかりません。詳しいことがわかりましたら教えてください。よろしくお願いします。
    松本洋明

      • yasuda
      • 2015.11.03

      松本様
      たびたびコメントありがとうございます。
      まだ販売に至っていませんので購入もできません。
      作成ページはありましたので自作は自由にどうぞというのが現状でしょうね。
      日本では敵が多すぎて販売許可がでるのはまだまだ先でしょう。
      本当の独立を日本が果たさないことにはフリーエネルギーを日本国民皆が手にいれることはできないでしょう。
      下から横のつながりで良き革命を起こしましょう!!

    • 長岡陽一
    • 2016.01.07

    フリーエネルギー発電機の存在を、何とか世の中の人々に知らしめ、3S(スクリーン・スポーツ・セックス)と同じくらい人々が関心を持ち続けていけるようにしていきたいと思っている者です。よろしくお願いします。

      • yasuda
      • 2016.01.09

      長岡様
      コメントありがとうございます。
      まさにコメントにあるように知らしめたいですね。
      ただし、問題は山積してますね。
      マスコミは報道することはありませんので、情報を拡散する新たな体制が必要。
      フリーエネルギーの存在の認識に至るには実物がないとなかなか認識は広がらないでしょうね。
      目覚めていない人・気付いていない人たちにとっては我々の認識と差が生じています。
      それには必要に迫られる必要があります。
      多くの人は電気を電力会社から購入することに疑問を抱いていません。
      つまり作る必要性を感じていないのです。
      電気をつくる必要性・・・それは大震災で経験したようなときです。
      お得や便利というだけではまだ弱いのですが今はそこにでもいいので自分にできるところから広めていきましょうね。
      まずは国民の10% 1200万人を目標としていきましょう。
      1~2割が気付けば流れは大きく変わるのではないかと勝手に信じています。
      よろしくお願いいたします^^

    • 長岡陽一
    • 2016.01.10

    安田様、返信ありがとうございます。おっしゃる通りですね。ほぼ一世紀もの間、冷酷に弾圧されてきた革新的なフリーエネルギーの工学技術を公の場に引き出す。これは私たち人民が草の根レべルでやることです。今やアクションを起こすのは我ら人民ですよね。何故なら合衆国政府、大統領、国会議員、他国の権力者、国連、大企業、有名な富裕エリートなど、これらの誰かが公開を実現するだろうなどとは、到底思えないからです。私達には、それができます。何百万人もの人々を行動に駆り立てる。これは容易な事ではないですが。今や地球全体に優しいフリーエネルギーに転換を図るべき時です。我々が変化する勇気を奮い起こさなければならない。そして我々の抱える最も重大な問題の有効な解決法は、社会の幅広い人々に支えられた運動によります。我々が意志を持てば、フリーエネルギー社会へ到着することが出来ます。
    目標を決め、思いを込めて未来に向かって進む必要があります。今の現状の世界は健全な好ましい社会ではありませんね。だったら、それを皆様お一人お一人の力で変えて行こうではありませんか。あなたにはその義務があります。一歩ずつ、それをして行こうではありませんか。この一歩をわしたち人民全員が踏み出す時です。日本全国の皆様方、是非よろしくご協力の程お願い致します。フリーエネルギー社会の到来が早く来るか遅く来るかは、私達の意識次第なのですから。

    • 長岡陽一
    • 2016.01.11

    安田様のコメントに情報を拡散する新たな体制が必要との鋭い指摘がありましたが、正にその通りですね。情報を広める効率的な体制を作って行くには、具体的に動いて試行錯誤していくしかないと思います。また、フリエネルギーの存在の認識に至るには、実物がないとなかなか認識は広がらないとありますが、私もそう思います。ですから一日でも早くケッシュ財団からフリーエネルギーモーターを購入して手に入れ稼働させてみたい気持ちです。ですが私の場合、英語の説明書が読めないし電気関係にも精通していないので、宝の持ち腐れになってしまうかも知れません。尚、目覚めていない人・気付いてない人たちにとっては、我々の認識と差が生じている問題ですが。これは情報操作誘導されている社会でありますから、政府にとって都合のいいように国民をマインドコントロールしているので当然のことかも知れません。国民に集団的無知を当てにしていますから。権力者は、自国民という最大の敵が真実を把握できなようにするのが、一番重要なのでしょうから。また、エネルギーをとても安価に汚染を伴わずに発生できる装置があっても、企業の貪欲がそれを封じているわけです。フリエネルギー技術は霊的に覚醒した社会に於ける経済的原動力でありますから、我々一人一人の魂の浄化が最優先されなければならないのでしょう。次に政治の浄化、環境の浄化という順番になるのでしょうね。民衆意識の高揚に期待したいです。未来のために、子供たちのために、その先の世代のために、今、大人たちが行動を起こさなければならない。政治に対して、世の中のことに対して無関心が作っている世の中、不条理を押し付けられている人たちに対して、愛の手を差し伸べなければならない。私たちは地球人として、団結しなければいけない。そして操作され続けることを、これ以上許してはいけない。電気はこれからの時代、買わなくても済む時代になります。フリーエネルギー装置を作るのには、お金は掛ります。また、購入するするにもお金は掛かりますが、燃料代は只(無料)です。空間から無尽蔵に得られますから。一家に一台の自家発電機になります。どうか皆様、フリエネルギーに興味・関心を持ってください。宜しくお願い致します。今、地球が抱えている諸問題の有効な解決方法になるのですから。

    • 内田明美
    • 2016.07.05

    フリーエネルギーのことが知りたくて、検索しているうちにこちらに辿り着きました。私がこちらに辿り着くための流れはこのようでした。

    1.富士山ニニギさんのブログ、ラジウム石健康法茶話会
    2.日本のニコラ・テスラこと高木利誌先生の新刊、『宇宙から電気を無尽蔵にいただくとっておきの方法 水晶・
      鉱石に秘められた無限の力』6月22日に発刊
      この本はまだ、読んでいませんが、ケッシュ財団のことも紹介されています。
    3.与国秀行さんの動画『3.11人工地震の証明~日本人が知らねばならない真実~』
    4.フォスター・ギャンブルさんのDVD、Thrive

    Thriveは、YouTubeの動画で見ましたが、これを見ればフリーエネルギーを利用するようになれば、良い方向へ世界が全く変わってしまうことがわかります。私は、一昨日見たばかりですが、このDVDは2012年に出たものです。その当時は私は全く気付いていませんでした。世の中に大きな影響を与えたのでしょうか。
    フリーエネルギーで世界を変えたいと思っている人たちは確かにいます。皆さん言われていますが、これを一般の人たちにいかに広めるかが重要でしょう。
    長岡様のような方に、是非、装置を手に入れていただき、本物を紹介していただきたいです。英語のことでしたら私にお手伝いできるかもしれません。

      • yasuda
      • 2016.07.11

      内田様
      コメントありがとうございます。

      スライブは残念ながらごく一部でしか認知されていません。

      これを伝播していくのは地道な口コミです。

      メディアはスポンサーに逆らってまで報道はしません。

      これらを見てもらえれば気づいてくれるかたがもっと増えると思います。

      狡猾に仕組まれたものにやっとヒビが入り始めた段階です。

      ともに動き続けましょう。

    • 長岡陽一
    • 2016.08.15

    オリオン政府のサポートを受けて、地球を管理・支配する超財閥ロスチャイルド一族と、その配下の闇の組織による金権主義の物欲社会。金と権力であらゆる組織(NASA・CIA・FBI・マスメディアetc)も大統領も国家も私物化してきた不義不正を行うロス一族が地球の未来を決定して来ています。大統領も首相も国家も形骸化しています。正に地球規模の犯罪です。この様な真実に気付かせないために、派手なお祭り騒ぎの国民愚民化3S政策『スポーツ・スクリーン・セックス』が大衆操作の一貫として実施され、私たち諸国民はマインドコントロールされて来ているわけです。私たち国民は国家や闇の政府に従順で無知でいて良いのでしょうか。大人しくしていてはいけない。一人一人の国民がとにかく『目覚めること』『憤ること』が何よりも大切だ。そして勇気と行動力を持って1千万部の1%の富裕層中心の社会から国民主権の社会に変えていく何らかの努力をしていかなければならない。例えば(世の中の真実を教えてくれるサイトにアクセスして情報を得るとか)地球が抱えている諸問題の強力な解決策になる宇宙技術も、軍事技術中心の商業利用研究に利用されている。『情報の独占・技術の独占・利益の独占』民間にも少しは還元されていますが。現在使われている枯渇性のエネルギーに取って代わるフリーエネルギー(無害で安全で無料)を世の中に出してしまうと、現体制が崩れて自分たちが作り出した金儲け中心の産業も廃業に追い込まれてしまうわけです。そのためにUFO/ETI情報を公表しないわけです。公表してしまうとUFOの推進機関や宇宙人が使用しているエネルギー(フリーエネルギー)まで知られてしまうわけですから。各国の大統領も首相もロスチャイルド一族の傀儡で何もできません。情報も技術も隠す政策がとられているわけですが、隠すほうも悪いがそのままにさせておく国民はもっと悪いのではないでしょうか。我々の生活に密接に関わっているエネルギー問題に真剣にならないで、リオのオリンピックなどに現を抜かしている。世の中これでいいのか、不思議な現象が起きている。意識は現実を構成する設計図なのだから、世の人々よ何時も同じところを堂々巡りしていないで、これからはUFO/ETI、フリーエネルギー(装置)の方にも意識を向けようではないか。

      • yasuda
      • 2016.10.01

      長岡様
      まさに気付くこと
      そして
      行動に移すことが肝要ですね。
      ひたすら地道にやっていきましょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら