LVD 無電極ランプを知ってますか?LEDは実はもう古い!?

04.202015

この記事は3分で読めます

また、マスコミに踊らされてしまった・・・とほほ

 

あなたはLEDをご存知ですか?

 

おそらくは知ってますよね!?

 

そう!最近、流行りの照明器具です。

 

 

 

 

しかし、LEDより高性能な照明を知っていますか?

 

 

その名は・・・

 

LVD 無電極ランプです。

 

 

はて・・・初めて聞いた 耳にした。

 

という方・・・仕方がないです。

 

まだ、多くは市場に出てません。

 

つまり、今なら

 

市場の先駆者・先駆けになれます。

 

 

でも、知っている人は知っています。

 

一部、大手企業では随分と導入が進んでいるみたいです。

 

これから中小企業へ導入が加速していきます。

 

その先には家庭用への普及が促進されていきます。

 

つまり、マーケット大開放しています。

 

 

さて、LEDとLVDの比較を簡単にしてみましょう。

 

①光の質

 

LED 直線的で非常に強い光

   直下の明るさは強いが、周辺が弱い

   強い光で影が生じやすい

   強い光で目にストレスを感じる

 

LVD 均一でやわらかい光

   直下の明るさは弱いが、平均的な明るさでバランスが良い

   均一な光で影が生じにくい

   自然光に近い光で眩しくないため、ストレスを感じない

 

 

②信頼性

 

LED 熱に弱く、製品寿命に影響が出る

   埃の影響が故障の原因となるものもある

 

LVD LEDよりも耐熱性が高い

   埃の影響を受けにくい

 

 

③保守性

 

LED 製品寿命40000h〜50000h

   歴史が短く、製品サイクルが早いため数年後の保守面に不安がある

 

LVD 製品寿命60000h〜100000h

   10年以上前から国際的に使用されている。

 

 

④適合場所

 

LED 室内や看板などの小型照明向き

   大型照明には課題が多い

 

LVD 水銀灯の代替など大型照明向き

 

 

 

 

 

などなどを見てみると・・・

 

少し薄暗いバーカウンターなどはLEDが合う

 

しかし、

 

上からの照明全般に関してはLVDのほうが良さげ

 

なぜなら、日本の家庭や工場・学校・倉庫などなど

 

基本的に上からの照明に照らされている構造が多数だから

 

 

つまり、照射幅が広いLVDのほうが日本では使えるということ

 

しかも、LEDより寿命が長いならそれに越したことはない

 

重要なことは・・・身体に良いこと

 

LEDのブルーライトの透過性が高く

光が目から頭蓋骨を貫通していくので

必然と視力が下がるのです。

 

視力だけでなく

身体のだるさ、倦怠感を

招くみたいです。

 

 

子供のこと

家族のことを考えると

どちらが良いかは・・・もう出ましたよね!?

 

 

最後に・・・

 

私はこれで儲けようといことは一切ありません。

 

なぜなら

 

私は販売者ではないからです。

 

販売している方を紹介はできますが、

 

私がしたいのは

 

選択肢の増加です。

 

私も含めて日本人の多くは

 

情報を得ることが弱いのです。

 

テレビ・新聞などのマスコミに

 

操作されています。

 

最近はもっぱらLEDが良い良いと

 

煽る宣伝を見ませんか?

 

LVDなんて一言も聞いた事なかったです。

 

最初は疑ってください。

 

【本当かよ〜】と疑ってください。

 

そして、ちょっと調べてみてください。

 

その上で、御自身で判断を下してください。

 

次は水銀灯と比べてみますね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら