「出来ない理由を言う人」と「出来る方法を考える人」

04.282015

この記事は3分で読めます

壁に・・・

 

「出来ない理由を言う人」

「出来る方法を言う人」

 

今日、祖母の三回忌の法要があり、

お寺の4月の言葉として壁に貼られていた。

 

私は前職、株式会社ニラクという会社に勤めいていました。

そこでは一時期、会議の際に会社の理念を唱和していました。

 

その中に

「出来ない理由ではなく、出来る方法を考える」

という一文があり私はその言葉が大好きで今でも

よく思い出します。

 

私の志は・・・

「フリーエネルギーを用いて将来の子供達に綺麗な地球を遺す」です。

 

私は出来ると思っています。

 

根拠はありません。

 

なぜ出来るのか?

 

わかりません。

 

未来先取り思考では・・・

 

もう、出来ています。

 

未来から現代に戻ると、

 

「まだ、化石燃料や原子力を使っているよ」

 

と、思っています。

 

フリーエネルギーで自給自足が当たり前です。

 

じゃあ・・・

今すぐに出来るのか?

 

と、問われたら・・・

出来ません。

(はああああ〜 とため息が聞こえそうですが)

 

本物 ホンモノ ホンマモン は必ず世の中に残ります。出てきます。

それが勝手な根拠です。

 

しかし、フリーエネルギーでの自給自足が

出来ている未来と出来ていない現在で

乖離が生じているのは事実です。

 

ここで、頭のいい方は立ち止まり考えるでしょう。

”お金も時間も労力もかかるから今はやめておこう”

 

しかし、私はアホなので

一直線、真っ直線にゴールを見据えて進みます。

 

立ち止まる”頭のいい方”たちから多数のヒントを得られます。

 

 

出来ない理由

 

多くの方々は、出来ない理由をとうとうと述べてくれます。

①忙しい(時間がない)

②お金がない(見えないものに大切なお金を使いたくない)

③知識・経験がない

まだまだ、いろいろと・・・

 

でも、これらから学べることがたくさんありますよね。

 

そう!

ひっくり返しちゃえばいいんですね。

 

 

 

 

出来る方法

 

今の自分に出来ることを考えてみると・・・

①忙しい。➡️通勤時間に移動時間に本を読もう・動画を見よう・聴こう

      風呂・トイレ時間にふとフリーエネルギーについて考えてみよう

      休日時間に家族や子供と自然や宇宙を感じられる場所に行ってみよう

 

時間を作ろう、見つけようと思えばいくらでもあります。

あとは、自分勝手な理由をつけずに向き合うだけ。

 

②お金がない。➡️ある中でなにかしら工夫してやってみる。DIYでもいい。

        無いなら必要な分だけ稼ぐ

 

何のために働くのか?

何のために稼ぐのか?

これが明確になれば決して仕事は苦痛ではなくなりますよね。

 

③知識や経験がない。➡️そもそも世に広く出ているものではないんだから当たり前。

           やればいい。やったぶんだけが知識と経験になるから。

 

やっていく中で自然と知識・経験に優れている方とご縁があるでしょう。

自身がまっすぐな想い・波動を出していると自然と他力が動くはずです。

(まっすぐなアホは心配されると思いませんか?)

 

 

他力の応援

 

 

最近、ご縁があった方からLEDを超えるLVD(無電極ランプ)なるものを

教えていただきました。

 

これが、すごい!

省エネ・長寿命・明るい・色きれい・身体に優しい

 

これを用いてまずは、自分の家庭と仕事に

活かしてみようと思いました。

 

 

わくわく計画

 

実は、311からの学びで・・・

「電力会社に頼ることなく電気を自給自足したい」

という想いがありますので、LVDを用いてまずは

やってみよう思い動き出しました。

 

コストが高いとか、家庭用がないとか・・・

まあまあ問題はありますが、

無いなら使えるように作ってみよう!

 

問題って解決した時に快感を与えてくれる

大切な役割ですよね。

 

そんなことを考えただけでわくわくが止まりません。

 

今度、やってみた報告しますね^^

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら