6月4日 大飯発電所3、4号機廃棄物処理建屋における発火

06.062015

この記事は1分で読めます

2015年6月4日
関西電力株式会社
大飯発電所3、4号機廃棄物処理建屋における発火について

定期検査中の大飯発電所3、4号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力各118万キロワット、定格熱出力各342万3千キロワット)の廃棄物処理建屋内の通路において、本日14時58分、火災報知器が発報し、当社社員が15時05分に119番通報を行いました。

 

 

現場では、スプリンクラー設置工事として配管サポート溶接作業を行っており、溶接ヒューム用集煙機※より発火していることを確認し、直ちに消火器1本および水を用いて消火しました。

 

 

その後、消防署員による現場確認が行われ、16時02分に鎮火が確認されました。

 

 

なお、本件において負傷者は発生しておらず、環境への放射能の影響はありません。

また、周辺設備に影響はありません。

 

 

※溶接ヒューム用集煙機 : 溶接時に発生する煙等を吸引する機械
以 上

8b5d1129eae0438ce416965c052c5d52_m

 

感想

今回は小規模火災で収まってよかったですね。

 

消化器1本で対応出来るくらいですからね。

 

しかし、原発で!!

ということだけで、ヒヤヒヤしますね。

 

停止中の原発には

多くの冷やし続けなくては

いけない燃料棒があります・・・

 

停電でフクシマの二の舞にならないよう

徹底して予防に努めていただきたいですね。

88fd45230af475a481d732df88aada55_m

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら