ソウルフードとは英語を直訳すると魂食・・・つまり魂が震える食事の理由は?

06.182015

この記事は1分で読めます

あなたは「涙を流しながら食べるラーメン」はありますか?
僕にはあります。
地方に住んでいるときも
100km離れていようとも
恋しいんです。
愛おしいんです。
無性に食べたいんです。
僕の場合はラーメンでしたが、
あなたにとっての
ソウルフード」がそれに該当するかもしれません。
ソウルフードはその名のとおり
魂が震える食べ物のことです。
主に地元の食べ慣れたものを指すことが多いと思います。
あなたにもそんなソウルフードがありますか?
別の解釈で捉えると・・・
ファン」と言えます。
食べ物でも商品でも人物でもかまいませんが・・・
あなたは何かのファンですか?
ファンというのはその商品や人物を応援しますよね!?
大好きですからね。
値上げにも耐えられますよね?
労も厭わないですよね?
つまり、あなたの人生において・・・
あなたのファンを作ることが重要になります。
ファン=固定客です。
いかにファンを作っていくか
それがあなたの人生やビジネスを
繁栄に導くか、衰退に導くかの分かれ道です。
ファンというのは超重要少数固定客のニーズを知り、
応えるということではないでしょうか!?
それを続けていくことで、
あなたはそのファンに支えられます。
つまり、あなたは超重要少数固定客に
価値を提供していくことで対価を得れるでしょう。
自分は何を提供できるのだろう?

 
まずはGIVE さらにGIVE

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら