家庭の電気代の衝撃的な削減に成功!その簡単すぎる方法とは・・・

06.272015

この記事は3分で読めます

IMG_3937

見えますか?

 

月間使用量が・・・なんと・・・

 

70kwh!!

2370円!!

 

ちなみにこれがどれぐらいか

イマイチ ピンとこないかもしれないので・・・

 

ちなみに前年同月が

214kwh

6400円

 

使用量が1/3 マイナス

金額が4000円マイナス

 

この結果は想像以上でした。

 

嬉しいですね。

 

ほんとにたいして労力をかけていません。

 

しかし、結果は絶大!

 

独身の頃からのデータを振り返っても

 

12年前の6月の99kwhが最小値でした。

 

家族3人で生活しながらの記録更新!!

 

 

 

やり始めたきっかけは・・・

 

単なる思いつき

 

ちょっと実験のつもりでやってみました。

 

それが先月のGWから

 

先月はやり始めてから2週間で約4割削減

 

154kwh

 

いままでは少なくても200kwh超えが普通。

 

しかし

 

ちょっとあることをやっただけで

 

ガッツリ効果がでました。

 

 

 

その方法とは・・・

 

ブレーカーを落とすこと!

 

これだけです。

 

毎日、数時間だけブレーカーを落とす!

 

ただこれだけです。

 

あとは普通に生活しています。

 

時期的に冷暖房を使用しないでも

いけるという季節特性はありますが

日中の電気が数時間なくなることさえ

我慢できたら誰でも可能です。

 

まず、最初に懸念されるのが冷蔵庫だと思います。

 

私の場合はソーラー発電の電源に切り替えました。

 

それができない家庭であれば代替案として

「発泡スチロール」でもokです。

 

発泡スチロールの中にアイスノンみたいな冷やすものを

入れて中に食材を入れておけば保冷は数時間なら

全く問題はありません。

 

私の場合はついでに

 

電子レンジ、ウォーターサーバー、炊飯器、TV、ビデオ

についてもソーラー発電でまかなってますので

 

本当に生活に必要な電気がどれぐらいなのか

なんとなく分かってきました。

 

逆に冷蔵庫以外は常には要らないです。

 

ちなみに

ブレーカーを落とすのは日中だけです。

 

夜には戻します。

 

なぜか?

 

無理すると続かないからです。

 

夜に寝るときにも落とせば

さらに効果がでることでしょう。

 

待機電力を少しでも減らすことができます。

 

しかし、子供もいますし

なにかあったときに照明が

欲しいかもしれません。

 

ランタン持ってトイレに行くことも

少々面倒ですし。

 

防犯や安全を考えて無理には落としていません。

 

しかし、完全に人がいなくなるときは

落としています。

(お出掛け時ですね)

 

夜、子供の歯ブラシをするときは

明るい天井照明を灯しています。

 

いざ寝ようとするときは照明を落としますが

枕元の照明はIKEAで買った1500円くらいの

ソーラーLED照明を使ってます。

 

昼間に窓際で充電が可能です。

寝る際の寝室には十分な明るさです。

 

今後はさらに各部屋の照明を

ソーラー発電以外でまかないたいですね。

 

日本の家は無駄に電気を使いすぎている

 

と思ってます。

 

もっと少なくても大丈夫だと思います。

 

それを家庭の水力や風力でまかなえたら・・・

 

と思うと夢が膨らみますね。

 

でも、なんでソーラー発電以外か・・・

 

それは

 

環境に良くないからです。

 

原子力発電や化石燃料による

発電よりはクリーンかもしれません。

 

しかし、ソーラーパネルは消耗品です。

 

しかも製造と廃棄の段階で環境を汚します。

 

いまあるものに関してはある程度

利用する価値はありますが

 

永続的なものではないと感じています。

 

ソーラーパネルの製造には

現在はカドミウムが使用されています。

 

そうです。公害の原因のヤツです。

 

しかし、豆腐の「にがり」の成分で

製造する研究も進んできています。

 

また、家庭排水を全て電気に変換することが

できたら照明がまかなえるかもしれません。

 

風もそうです。

歩く際の振動も変換できたら・・・

 

家庭の電気を買うことはほぼなくなりますね。

 

そんな近未来にしていきましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら