【あるもんで国立】に行ってみました。

09.222015

この記事は2分で読めます

IMG_4208

 

先日、東京都国立市にある

【あるもんで国立】

に行ってきました。

 

https://www.facebook.com/alumonde.kunitachi

 

何をやってきたかというと

 

①ウッドストーブを見せてもらう

②お蕎麦をいただく

③お芋をいただく

④桜の木の枝の皮を剥く(燻製に使うらしい)

⑤ピザ釜の塗装の準備

⑥泥をこねてピザ釜の左官屋さん作業

⑦焼きたてのパンをもらう

⑧焼きたての焼き芋をもらう

⑨焼きたての焼きりんごをもらう

 

う〜ん・・・半分以上は食べてる

人参も味噌につけていただきました。

 

ここではお金はかかりませんでした。

 

かわりに作業等でお返しする仕組みみたいです。

 

砂とかを混ぜ混ぜして泥を作り釜に塗って

コテで左官屋さん作業!

初体験でとても楽しかったです。

 

エコビレッジ立川にも

ピザ釜を作りたくなりました!!

 

さて、こちら「あるもんで国立」は

以前から存じてはいたんですが

伺ったのは今回がはじめて!

 

そこを導いていただけたのが

国立在住の

力時給女子 藤井さん】

http://www.alterna.co.jp/11619

 

1年前に藤井さん宅を見学させていただいた

ご縁が繋がり広げていただきました。

 

どうもこの東京都国立市という場所は

自然に優しい持続可能社会を目指す

エネルギーの高いエリアなのかもしれませんね。

 

そんな国立が登場するエコビレッジ小説がコチラ↓

【百姓レボリューション】

http://www.zenquest.net/

 

 

そんなあるもんで国立で

ウッドストーブを作る

ワークショップが開催されることに

なりました。

 

11月28日(土曜日)

場所:あるもんで国立

費用:一人2000円

持ち物:基本材料はすべてあるもんでさんが用意

(軍手とかタオルとか必要そうであると感じたものは持ってきてください)

 

興味がある方はご連絡ください。

定員が10名程度ですのでお早めにどうぞ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら