ケッシュはすでに装置を1000台 製造している。Magrav電源装置は、原子炉ではなく、発電機です。

11.032015

この記事は2分で読めます

ケッシュはすでに装置を1000台 製造している。

 

12月にはイタリアの工場で100万台の生産体制になるらしい。

 

楽しみです。

 

(以下引用)
あなたは10日間で、それ自体を作成するのは自由です
約10日では、インクルードを全世界に公開されることができますどのように、本発明の特許がフリーに。つまり、あなたは月曜日10月26日2015年からそれを自分で作ることができ、これらは、世界中の平和を作成するための知識を共有しています。

今月1,000台を生産したが、12月に、その後生産はイタリアの工場で100万台に増加しました。

 

プラズマは、銅ベースの電力線の構造を変更し、(ナノ超伝導体)にナノ層を作成します。これは自然なプロセスである、と彼は言いました。 KESHによると、地球上に存在する最高の導電体です。

水にすべてのエネルギーや果物のプロパティとビタミンを転送し、タンブラーの上部に1つのオレンジを追加します。実際には、あなたはオレンジを飲みます。植物はプラズマで30〜40%速く成長。

プラズマは、水を介して自由に肥料としてさらに機能します。

 

Magrav電源装置は、原子炉ではなく、発電機です。

 

人々への電源
彼らは人の制御を失うので、政府は技術を​​恐れます。人々はコントロールを取得します。 10日には、誰もがそれを作成することができます。

 

私たちは、コントロールと抑圧の時代が終わったことを当局に伝える必要があります。

 

これは平和と知識の新しい未来の宣教師になります。ちょうど今日、私たちは平和を実現するためのツールを持っています。

 

次のステップは、現在テストされています。これは、ケーブルなしでモバイルシステムです。これは、2〜3ヶ月先です。村にそのようなユニットを配置することによりそのように村の誰もがエネルギーを持つことになります。費用は億になります。我々は、この無線エネルギーユニットの背後にある科学を理解しています。すぐに我々はそれを起動するように、我々は完全にそれを開発してきたように。それはエネルギーが間で転送される、母と子と同じように動作します。

 

(引用終了)

 

最後のブロックはまるでニコラテスラの電気の無線送電システムみたいですね。

 

本当に実現したら送配電システムもガラリと景色が変わりますね。

 

電柱や電線が街中から消える日も近い??かも・・・

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら