【エキスパ】エキスパートメールが進化したみたいです。この流れに乗りますか?見送りますか?

01.302016

この記事は3分で読めます

総合アフィリエイトサービス「エキスパ」

2016年はネット業界はどうなるんでしょうか?

 

って、いつもはネットのことはあまり書かないので

急になんのことだろう??と思う方もいるかもしれません。

 

自分もそんなに明るいほうではないので

下記に引用しますが、時代の流れをみるということは

重要ということですね。

 

私の提唱する

「自給自足」「脱依存」というのも

時代の流れ・潮流です。

 

昨年、日経平均が上がったのも波ですし、

ということは今年は下がります。

多少の乱高下はありますが、

私の昨年当たった予測からすると、

2016年は下がります。

15,000円は割り込みます。

 

と、、、なると

株に一喜一憂する企業は波にのまれる可能性があります。

 

地に足をつけた生き方が見直される時代に入っていきます。

(一次産業 農林水産業ですね)

 

稼ぎ方についても軸をもつのは大事ですが

主軸に頼ってポッキリいってしまうリスクに

備えるべきではないですか?

 

わたしは

1 自営的な収入

2 給与的な収入

3 時給自足的な収穫

4 フリーエネルギー的な利用

と王貞治一本足打法ではなく

タコ足配線的な生き方がこれからは

リスクマネジメントとして重要ではないかなと思ってます。

 

ネットで稼ごうというのはわたしみたいな素人からすると

小難しいんです。よくわかりません。

 

だから手を出しづらいんです。

 

しかし、情報を発信して仲間を増やしたい

と思ったら、これは便利なツールで

利用したほうがいいんだろうと思います。。。

 

んで。。。よくわからないんですが

無料の便利そうなものがあったので

下記に引用してみます。

 

興味がある方だけ見てみてください。

 

時代の流れっていう部分だけでも

個人的にはふーーんって感じました。

 

【ここからメルマガ引用】
私は、新宿生まれ、新宿育ちなので、

中学の頃から歌舞伎町で遊んでいますが、

ここ30年の、裏稼業の流れです。

1985年~ 地上げ
1990年~ シンナー販売
1990年~ ぼったくり
1995年~ ヤミ金
2000年~ デリヘル
2005年~ 裏カジノ
2010年~ オレオレ詐欺
2013年~ 脱法ハーブ
2015年~ ぼったくり

これは、私の感覚なので、

時期が正確とは言えませんが、

言いたいことは、一つ。

『稼げなくなると、人は次の稼ぎ方を見つける』

これを、info業界に置き換えます。

あまり細かく考えないで、大体で書いてますが、

流行りの稼ぎ方は、こんな感じでした。

2004年 SEO
2005年 PPC
2005年 ハウツー教材
2006年 ツール
2007年 塾系
2008年 メルマガ
2009年 転売
2012年 セミナー
2013年 無料オプト

ざっくり、こんな感じでしょう。

流行りのSNSも、

ICQ
ミクシー
アメブロ
ツイッター
Facebook
LINE

こういう順に、変わってきていて、

世の中は、真空を嫌います。

もう一度、予言します。

完全に稼げなくなるとは言いませんが、

2016年、無料オプトは稼げなくなります。

MTSが破産しました。それが警告です。

これから、アフィリ報酬が払えずに

倒産する会社が、どんどん増えてきます。

その時に、info業界は、新しい稼ぎ方を見つけます。

そして、私には、次の稼ぎ方が見えています。

【引用おわり】

 

わたしは上記のメルマガの発行者の七星さんの

読者ですが、情報収集としての浅い読者です。

 

正直、完全に相入れるということはできないなと

思っております。

 

でもでも、そんな中でも何かを得ようと思って

見てると何かしら毎回?感じ入れます。

 

今回、新たなサービスが無料で始まってますので

わたしはどんなものかと思って無料登録してます。

もうちょっと勉強しないと有料登録はできないと

思っています。

 

これを見て、何かしら気になれば下記から

覗いてみてください。

一応リンクを貼っておきます。

大きな流れを俯瞰して、どこを観るかはあなた次第です。

総合アフィリエイトサービス「エキスパ」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら