これで病気も治る!?日本の住宅にもフリーエネルギーを活用しましょう。

07.112016

この記事は5分で読めます

日本の人口は減っていきます。

 

これはどうあがいても変わらないでしょう。

それを嘆くことなく、それでも豊かに暮らすにはどうすべきかを

与えられる前に自分で考えていきましょう。

 

今回は住宅について面白い本がありましたのでご紹介させていただきます。

 

 

シックハウス症候群は

湿気ハウス症候群!!!

 

これにはビックリと同時になるほどと思いました。

 

日本の古来の高床式は気候風土に合わせたつくりだったのです。

 

先人の智慧にまたまた感服いたしました。

 

木の利用

この本にはざっくばらんに言うと

「木を使え」

といっています。

 

日本の森林を利用させてもらおうといってます。

 

日本の使われずに余りまくっている森林資源を

有効活用させていただく。

 

まさにフリーエネルギー!!

 

雇用の創出

省エネ

耐震強化

さらには健康促進

 

いいことづくしです。

 

というか昔の日本人はそういう生活をしていたのです。

しかし、それをとある経済性の思惑から長所を捨ててしまったのです。

 

最近、経済性という言葉がけっこう嫌いになってます。

お金が一番にきていいことが少ない。

 

幾度かコメント等でいってますが、

原理原則や絶対法則というものがあります。

それは「ヒト・モノ・カネ」という順番です。

これは間違ってはダメですよ。

原理原則がズレるとどこかに無理が生じますからね。

 

木の利用2

一番シンプルな解決策は・・・

家も人間も健康に長生きしたければコンクリートから木に移行しましょう。

(詳細理由は本に書いてありますので読んでみてくださいね)

 

増改築や引っ越しは厳しいというかたは

「木装」

これは家の内装をビニールクロスの上からでもいいので木の板を貼りましょう。

これだけで人間の精神に及ぼす影響がかなり変わってくるらしいです。

 

かくいう私のボロ家も内装をDIYでリノベーション中なんです。

この本を読んで背中を後押しされた感じがしました。

 

我が家は珪藻土や漆喰と木装を併用しています。

木に塗る塗料も自然素材にこだわり「柿渋」を使っています。

 

塗料・接着剤が重要です。

 

結局、石油系ってよくないんです。

とくに子供達には避けたいですから気をつけました。

 

そう考えると昔の日本の住宅はすごい高性能だったんです。

 

今のコンクリート住宅は100年もちません。

しかし、木製の寺社仏閣などは1000年レベルです。

 

耐久性だけでなく

虫や害虫を寄せ付けない燻す囲炉裏や

呼吸する土壁や障子・襖

そして風を通すことで湿気対策をしている。

まさに叡智の結集です。

 

だから日本で高気密・高断熱は合わないんです。

そんな中で石油や人工物の成分が家中に揮発してくる今の家は

住んでるだけで病気になりますよ。

 

会社・商品紹介

これから下記にお勧めを載せていきますね。

 

屋上緑化・室内緑化   株式会社プラネットhttp://www.g-planet.com/

無垢材手作り家具    家具ブッティック・アンビエントhttp://www.ambient-shop.com/index.html

天然木家具       家具蔵(かぐら)http://www.kagura.co.jp/

木炭建材        株式会社ダイム・ワカイ http://www.dymwakai.co.jp/kisumi/

床下調湿炭       株式会社バイオカーボン研究所 http://loco.yahoo.co.jp/place/g-efqpnzbeyZo/

天然素材壁紙      トキワ産業  https://rekabe.jp/catalog/material.html

珪藻土壁紙       珪藻土クロスのメリット・デメリット https://iemo.jp/22509

和紙壁紙        土佐和紙  http://www.tosawashi.com/

自然壁紙ルピネ     株式会社ライブ http://www.live-web.co.jp/

天然木の取扱店     岡部材木店 http://www.zaimokuten.com/

信州産のカラマツ取扱店 信州国産材開発共同組合 https://www.houseconv.jp/e-ie/karamatu/

無垢の板        http://homepage2.nifty.com/kokyu-ie/h_sozai3.htm

天然塗料        オスモ&エーデル http://osmo-edel.jp/osmocolor/

柿渋          柿渋とは https://makit.jp/01413/

漆塗料         漆塗料の基礎知識 http://www.isuke.co.jp/company/paint/urushi/base.html

F1合板とは       http://www.fuchu.or.jp/~kagu/search/regist_ys.cgi?mode=enter&id=84

天然接着剤       http://ichihara-mutenka.com/materials/mutenka-adhesive/

コルク床材のメリット・デメリット http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/1013/355033.htm

天然ワックス 蜜蝋  http://furoaya.com/?mode=f5

竹フローリング http://www.takemoku.co.jp/original5.html

無農薬畳       http://www.nototatami.com/project/tukaeru/kokusan.html http://hasegawatatami.com/newpage7.html

漆喰と珪藻土  http://www.yoikabe.com/iiten/waruiten/

 

 

 

 

 

あとがき

家って大事ですか?

 

ほとんどの方は大事だ!と言いますよね。

 

なぜ?

 

衣食住をするところだからですね。

 

当然、滞在時間も長い。

 

だから高いし吟味しますよね。

 

そんな家が不健康の温床だったら嫌ですよね。

 

健康に暮らしたいですよね。

 

なら、学ばないとダメですよね。

 

受け売りではいけません。

 

原発問題やワクチン問題とかなんでも同様です。

 

最終的には自己責任になりますからしっかり学びましょう。

 

当然、好みはあります。

 

体質も違うでしょう。

 

合う合わないもあるでしょう。

 

だから、自分に合うものを家族に合うものを探していきましょう。

 

最後にプチ情報・・・

最初に述べたようにこれから日本の人口は減ります。

しかし、住宅着工件数は増えてます。

今の流れでいくと近い将来ハウスメーカーの株や業績は下がります。

頭打ちになります。

50年100年先に残るのは本物の仕事をするところだけになるでしょう。

20年で朽ちる家を作るところと200年残る家を作るところのどちらが生き残るかは明白ですよね。

オリンピック景気が終わったら如実に表面化するかも・・・もっと早いかも・・・

 

 

個人的には・・・

土嚢袋でつくるドームハウスが作りたいです。

ドラゴンボールのカプセルハウスみたいなやつですね。

耐震性バツグン&気候調節機能がついています。

それを300万円ぐらい

10年に一度作り変える。

そんなんも面白いかもしれません。

 

 

海外から輸送費をかけて木材を運ぶことをやめましょう。

日本にある宝である森林を有効利用していきましょうね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

電気管理人 安田浩則

安田浩則 


東日本大震災をきっかけに
電気の世界に導かれて

【電気管理を本業とする者】

になりフリーエネルギーを用いて
電気の自給自足を目指しています。

 →安田浩則のプロフィールはこちら